近江一閑張で和紙を張るのに使用している糊は姫糊といい、京都で仕入れてきます。
京都は表具や友禅で使う為か糊屋さんがたくさんありました。
しかし、だんだんと糊を作っている所も少なくなりつつあります。
私が家業を継いでから30年程になりますがこれまでに4件糊屋さんが変わりました。
理由が全て廃棄さたためです。
その都度、次の糊屋さんを紹介していただいて分けてもらってます。

私たちが作る一閑張は糊屋さんをはじめいろいろな材料を作ってくださる方々がいて出来上がっています。

私たちが作る物はどうしても人の手で作られる物なので
どうしてもそれなりの値段になってしまいます。

私たち作り手側の努力はもちろんですが、
お客様がいてそれを使っていただいていろいろな意見をお聞かせください。

どんな事でも構いません、お電話、FAX、メール、レビュー投稿、お客様の声をお聞かせ下さい、
お待ちしております。

蛯谷工芸公式オンラインショップ http://ebitani.shop/