近江一閑張で使用していく上張りの紙は富山県五箇山地方で手漉きによって作られた
和紙を張っていきます。

五箇山地方で漉かれる和紙はフネと呼ばれる水槽の様な中に和紙の原料となる材料と
染料や顔料を混ぜて、近江一閑張を作るのに必要な色和紙を漉いてもらってます。

今回のご注文商品をお作りするのに使用する和紙の色は下の4色を使います。
茜色、栗色の墨の柄の無い無地で仕上げます。
雀茶は墨の柄あり、特別色の紺色での仕上がりもあります。

蛯谷工芸公式オンラインショップではサイズや墨の柄の無いタイプもオーダーで承りますので
サイト内の、お問合せフォームからお気軽にご相談ください。


蛯谷工芸公式オンラインショップ  http://ebitani.shop/