一閑張職人のblog

近江一閑張 蛯谷工芸

近江一閑張 二段式箱(小)栗色(無地)48,600円(税込)のご注文商品完成。
前回、日本橋三越5階キッチン売場で出店時に年配の男性のお客様との
出会いがありました。
男性のお客様は釣りがご趣味のようで、二段式箱(小)を見かけて
「釣りの道具を入れるのに使いたい」とおっしゃっていただきました。
具体的に何の道具を入れるかはお聞きできなかったのですが、
釣りの道具を入れて部屋での収納として使っていただくのか、
釣りの場所までの持っていかれるのはわかりませんが、
いつの日かお会いしたときには、お聞きしたいと思っています。

今回は栗色(無地)でお作りさせていただきました。
二段式箱(小)は和紙を張り込んだのち、柿渋で仕上げますので、
釣りの現場で使ってもらっても水をはじきますので、
突然の雨や水しぶきがかかってもすぐに染み込むことが無いので安心です。
いろいろな使い方をしていただいて嬉しく思います。

今回ご紹介しました商品は栗色(無地)で別注文になりますが
蛯谷工芸公式オンラインショップでは栗色の墨柄有り定番で販売しています。
近江一閑張 二段式箱(小)栗色(無地)48,600円(税込)寸法(外寸)28×23×H18

蛯谷工芸公式オンラインショップ  http://ebitani.shop/



先日より作業を進めていた近江一閑張 深籠(中)のご注文商品完成いたしました。

今回のご注文は深籠(中)茜色(無地)6個、勝色(無地)1個の合計7個です。
墨の柄無しの無地でのご注文でした。

深籠(中)は脱いだ洋服を入れてもらうのにちょうど良い大きさだと思います。
小ぶりで身近に置いていつでも使ってもらえるのでお部屋が片付いて見えるのです。
入れ物が大き過ぎると邪魔になるのでついつい遠くて、部屋の隅に置いてしまうとすぐに使えなく、
わざわざそこまで行かなくてはならなくて、
億劫になって頻繁に使わない物を、入れっぱなしにしてしまうのではないでしょうか?
身近に置いて使える物を選んでもらうと毎日の生活にお役に立つと思っています。
一閑張は籠の中にも和紙が張ってあるので洋服が引っかかっることもありませんし、
柿渋の効果もありますので安心して気軽に使ってもらえます。

洋服を入れるだけでは無く、書類を入れたり、本を入れたり、小物を入れたり、
食器を入れたりと色々な用途でお使いいただけます。

お部屋の雰囲気に合わせて色も3色用意していますのでお気に入りの色を選んでください。ご希望により無地も承りますのでお電話、メール、FAXでお気軽にお問い合わせください。

近江一閑張   深籠(中)32,400円(税込)

蛯谷工芸公式オンラインショップ  http://ebitani.shop/



2017年11月18日(土)19日(日)2日間
近江八幡 石畳の小路 で
「第5回 近江の手しごと展」が開催されました。

期間中は秋と言うより冬の始まりを感じされる気温でしたが、
朝から1年間楽しみに待っていただいた方々にご来店いただき
蛯谷工芸 近江一閑張を手に取ってもらったり、
いろいろなお話しができて本当にありがとうごさいました。

滋賀県内で近江一閑張の手触りや手から感じてもらえることがほとんど無いので
実際に手に取ってもらえる機会を増やしていきたい思いました。

蛯谷工芸公式オンラインショップがオープンして4ヶ月がたちましたが全国で実際手に取ってもらえる機会はhttp://ebitani.jp/のお知らせで全国の百貨店での催事日程をのせてますのでお近くの方はご来店お待ちしております。
一閑張職人が直接商品説明や疑問にお答えいたします。


近江一閑張のご購入は
蛯谷工芸公式オンラインショップ  http://ebitani.shop/


↑このページのトップヘ