一閑張職人のblog

近江一閑張 蛯谷工芸

全国商工会連合会が主催する29年度むらおこし特産品コンテストに
近江一閑張、猫ちぐらと浅籠(小)をエントリーしておりまして、
先日、湖南市商工会から連絡をいただき、近江一閑張の浅籠(小)が
審査員特別賞をいただきました。

このコンテストは全国から今回92品目がエントリーされて、
大学教授が委員長はじめ学識経験者、流通や報道関連の有識者などで
構成された「むらおこし特産品コンテスト審査委員会」の10名の方々に選考いただきました。

平成29年度 むらおこし特産品コンテストご当地商品14品が決定!
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000004.000014615.html

近江一閑張、浅籠(小)は16,200円(税込)32.5×24×7cm 紙ひも、和紙、柿渋塗り
サイズはA4用紙がらくに入り書類入れやテーブルの上に置いて
リモコンや眼鏡、雑誌や本などを入れて毎日使ってもらえる長方形の籠になっています。
柿渋塗りなので防水性があるのでテーブルの上でお茶などをこぼしても弾いてくれます。
柿渋塗りの独特な風合いが魅力で飽きの来ない日々の道具です。

近江一閑張 浅籠(小)
http://ebitani.shop/?pid=119826377

近江一閑張は、普段使いの日々の道具として使っていただきたいと
言う思いで制作しており、見た目だけでは無く手触りや、
毎日の使用に耐える様に見えないところに手間と時間をかけて完成させていきます。
今回の受賞を励みに受賞に恥じない仕事をしていきたいと思っております。

蛯谷工芸公式オンラインショップ http://ebitani.shop/





12月6日午後5時で池袋東武百貨店イベント無事終了いたしました。
今回もたくさんの新しい出会いがあり、お使いいただいているお客様からご感想をいただいたりと、物作りをとおして皆様のお役に立てることを感謝しています。

蛯谷工芸として年内のイベント販売はここが最後となりました。
次回のイベント販売は年明け4日からの日本橋三越で始まります。
年内はお客様からいただいたご注文商品、欠品している商品作り、新しい商品作りに挑戦していきます。

毎日ブログ更新も頑張りますのでよろしくお願いします。

蛯谷工芸公式オンラインショップ




本日ご紹介するのは蛯谷工芸 カトラリー入れ。

和紙が張って無いので一閑張ではありませんが、蛯谷工芸のオリジナルです。
紙ひもで形を作り、ウレタン塗装を施し、近江下田焼きの取っ手が付いてます。

近江下田焼は滋賀県湖南市の伝統工芸の焼物です。
呉須(ごす)と言う藍色が特徴の焼物でカトラリー入れを作るのに別注でお願いしています。

カトラリー入れは毎回人気商品で池袋東武百貨店の今回のイベントでも使っていただいてる
お客様から嬉しいご感想を沢山いただいて、有難く思っています。

カトラリーを入れだけでは無く、食卓の調味料受けにしたり、ペン皿にしたり、おしぼりを入れたり、
といろいろ使えてカトラリー入れはウレタン塗装なので水洗いが可能で衛生的に使ってもらえます。

今回の池袋東武百貨店ではカトラリー入れの制作実演をしながら販売をしています。


こちらの商品はオンラインショップでは取り扱ってませんので
百貨店でのイベント販売、または直接、蛯谷工芸までお問い合わせください。

近江一閑張 蛯谷工芸
カトラリー入れ 4,860円(税込)-濃墨色- 下田焼取っ手

蛯谷工芸 http://ebitani.jp/

↑このページのトップヘ