一閑張職人のblog

近江一閑張 蛯谷工芸

2018年春の池袋東武百貨店6階イベント四日目になりました。

初日、二日目とゆっくりとしたはじまりでしたが、土、日曜日とたくさんのお客様との出会いがあり本当に有難く思っています。

今回の人気商品は閑ーitomaーシリーズの
カトラリー籠4,860(税込)です。
こちらの商品は蛯谷工芸公式オンラインショップでの販売はしていないのですが
対面販売、カタログパンフレットのみのお取り扱いです。

閑ーitomaーシリーズは紙紐の素地に和紙を張らずに塗りの色で仕上げてあり、飾りに近江下田焼を
取り付けてあります。
この近江下田焼は滋賀県湖南市の伝統的工芸品で素朴で丈夫な焼き物として知られていてお忙しくされている中、無理を言ってカトラリー籠のためだけに特別に作ってもらています。
作れる量が限られるために欠品も多いので蛯谷工芸公式オンラインショップでは取り扱いを見送っているのが現状です。

店頭に出すと性別を問わず幅広い年齢層に手に取っ手いただいております。
先日も男性のお客様が財布、カギ、パスケースをポケットから出した時の定位置とするためにお買い上げいただきました。

今回も在庫が数個になってしまって工房にも在庫切れの状態で申し訳ありません。

頑張って作っていきますので品切れの際はご了承ください。

蛯谷工芸公式オンラインショップ http://ebitani.shop/
IMG_3777


黙祷

仙台三越で地震発生時刻に黙祷を捧げました。
3月11日で7年目を迎える震災の日。
ここ仙台で仕事をさせていただいているとお客様の中には被害に遭われた方や身内を亡くされた方のお話をお聞きすることが多々あります。
関西に住んでいると震災の被害や原発の問題も日頃目にする機会がほとんど無く、テレビなどで報道される内容しか触れる機会が無いので日頃は意識が薄れかけている。
しかしここ東北では今も続いている問題で原発、除染、住居、仕事、経済など複雑に絡み合っているので簡単には解決しないかもしれないが、いま一度自分に何ができるのか、人を笑顔にできたり、安らぎを与えられたり、人のためにお役に立てる物作りを考え提案し続けて行ければと思っております。

蛯谷工芸公式オンラインショップ http://ebitani.shop

本日3月7日から13日まで1年で仙台三越
「全国職人技展」が始まりました。
仙台では年に一度の近江一閑張の展示販売です。
仙台のお客様とはここでしかお会い出来ないので楽しみにしています。
また、初めて近江一閑張を手にされるお客様もたくさんおられますのでその方々との出会いも大事にしていきたいです。
お近くの方は是非、仙台三越7階催事場に足をお運びください。
IMG_3762

↑このページのトップヘ